【3月19日の日本の昔話】水アメの毒

むかしむかし、一休さん(いっきゅうさん)と言う、とんちで評判の小僧さんがいました。

ある日の事。

和尚(おしょう)さんが、村人に水アメをもらいました。

  

それを欲しそうな目で見ていた一休さんに、和尚さんが怖い顔で言いました。

「一休よ。これはな、大人が食べると薬じゃが、子どもが食べるとたちまち死んでしまうと言う、恐ろしい毒の水アメじゃ。決して食べてはいかんぞ」

  

すると一休さんは、ニッコリ笑って、

「はい、絶対に食べません」

と、言いました。

「そうか、そうか」

和尚さんはそれを聞いて、安心して用事に出かけました。

和尚さんがいなくなった事を知った一休さんは、

  

「えっへへへ。子どもが食べると毒だなんて、よく言うよ。水アメを一人占めしようだなんて、そうはいかないよ」

と、さっそく他の小僧さんと水アメを分けあって、全て食べてしまったのです。

「ああ、おいしかった」

  

「でも一休。こんな事をして、和尚さんに叱られないか?」

心配する他の小僧さんに、一休さんはニッコリ笑うと。

「大丈夫、大丈夫。一休に、良い考えがあります。実はですね・・・」

さて、それからしばらくして、和尚さんが用事をすませて帰って来るのが見えました。

  

すると一休さんは和尚さんの大切にしていた茶碗(ちゃわん)を持ち出して、それを庭の石にガシャン!

  

と、ぶつけて割ってしまいました。

そして目元をつばでぬらすと、みんなで泣き真似をしました。

  

「えーん、えーん」

帰って来た和尚さんは、みんなが泣いているのでビックリ。

「こりゃ、何を泣いておるのじゃ? 一休、これはどうした事だ?」

  

すると一休さんが、泣きながら言いました。

「えーん、えーん。

和尚さんの・・・。

和尚さんの大切な茶碗を、割ってしまいました。

おわびに毒の水アメをなめて死のうと思いましたが、

  

全部なめても死ねません。

えーん、えーん」

それを聞いた和尚さんは、頭をポリポリかきながら、

「こりゃ、してやられたわ」

  

と、言い、それからは村人にもらったおかしは、みんなで分ける事にしたのです。

おしまい

微文网

更多资讯扫描二维码关注

关闭