【質疑応答】労働者は自主的に「無給の職場復帰」を提示した場合はできますか?

質疑応答

律师问答

Q

労働者は自主的に「無給の職場復帰」を提示した場合はできますか?

江三角・宁波 李昊弁護士:

こんにちは。このような約定は明らかに違法です。「無給の職場復帰」労働法第48条の規定の通り「国家が実行している最低賃金保障制度。最低賃金については具体的に省、自治区、直轄市の政府に規定され、国務院が報告し、その記録を届け出る。」「雇用者が労働者に支払う給与はその地域で定められた最低賃金を下回ってはならない」そのため、貴社で締結したとされる契約の労働報酬については双方の協商の一致を経たとしても、国家の賃金制度の強制規定に違反しているため、「無給の職場復帰」は違法です。

  

江三角法律事務所

日本業務部

電話:

8621-5888 3253 * 810

メール:

zhoujiangfeng@laodongfa.com

Q

劳动者自己提出的“无工资上岗”是否可行?

江三角·上海 李昊律师:

您好。这样的约定是明显违法的。“无工资上岗”违反了《劳动法》第四十八条的规定:“国家实行最低工资保障制度。最低工资的具体标准由省、自治区、直辖市人民政府规定,报国务院备案。”“用人单位支付劳动者的工资不得低于当地最低工资标准。”因此,你与公司签订的劳动合同中关于劳动报酬的约定虽经双方协商一致,但违反了国家关于工资制度的强制性规定,因此这种“无工资上岗”的模式是不合法的

  

江三角律师事务所

日本业务部

电话:

8621-5888 3253 * 810

邮件:

zhoujiangfeng@laodongfa.com

微文网

更多资讯扫描二维码关注

关闭